ユニバーサルスタジオジャパン、新!スーパー・リアル・ミュージカル・アトラクション『SING ON TOUR』来春オープン決定!

ユニバーサルスタジオジャパンは、2017年の大ヒットアニメーション映画「SING/シング」をテーマにした“新!スーパー・リアル・ミュージカル・アトラクション”『SING ON TOUR(シング・オン・ツアー)』を2019年春にオープンすると発表しました。

2Dの世界を飛び出したあの動物のキャラクターたちが、数々のヒットナンバーを目の前でほんとうに歌い上げる熱いライブは、“生き物史上サイコ―に熱いショー”としてミュージカルの歴史さえ変えうる傑作です。また、このミュージカル・アトラクションが開催される劇場は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとイルミネーション・エンターテイメントが共同開発、世界クオリティの演出技術を駆使した「イルミネーション・シアター」として、世界初オープンとなります。

このアトラクションのストーリーは、映画でもおなじみ、劇場の支配人“バスター・ムーン”率いる世界的ミュージカル・ショー「SING ON TOUR」がジャパン・プレミアを開催するシーンから始まります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとハリウッドの名スタジオが再びタッグを組み、圧倒的なクオリティでお届けする、まったく新しい没入型エンターテイメント“新!スーパー・リアル・ミュージカル・アトラクション”「SING ON TOUR(シング・オン・ツアー)」で、さあ、歌い飛ばせ!!

 

イルミネーション社について
2007年に設立されたイルミネーション社は、エンターテイメント業界におけるアニメ映画制作大手のひとつです。イルミネーション社が創りだす印象的でユニークなキャラクターたちは、世界中の人々を魅了、世界中の興行収入は58億ドルを超えています。
イルミネーション社はユニバーサル・ピクチャーズと提携しており、驚くべき数のヒット作品を生み出してきました。『怪盗グルーの月泥棒』の大ヒットをはじめ、『怪盗グルー』シリーズは、アニメーション映画の中で最高の興行収入を挙げています。ユニバーサル史上最もヒットした『ミニオンズ』に加え、アカデミー賞にノミネートされた『怪盗グルーのミニオン危機一発』、さらに2017年公開の『怪盗グルーのミニオン大脱走』は世界の興業収入が10億ドルを超えるヒットとなりました。
2016年に公開された『ペット』は米国史上、オリジナルのアニメ映画では初公開時に最高の興収を記録。また、『シング』も世界中で大ヒットするなど、世界中の観客を魅了しました。
イルミネーション社は、オリジナルのストーリーを描くだけでなく、人々に愛されるおなじみの作品を創り続けています。また、携帯ゲーム、グッズ、ソーシャル/デジタルメディアの成功により、イルミネーション社の作品は、映画館を飛び出し、様々な形で展開しています。『怪盗グルーのミニオンラッシュ』は大人気の携帯ゲームアプリとなり、ユニバーサル・オーランド・リゾートとユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにあるアトラクション『ミニオン・ハチャメチャ・ライド』は、2017年4月にユニバーサル・スタジオ・ジャパンにオープンした「ミニオン・パーク」にも加わりました。
今後公開予定の長編アニメ映画は、『ペット2(仮題)』は2019年6月公開予定、『ミニオンズ2(仮題)』は2020年7月公開予定、『シング2(仮題)』は2020年12月公開予定。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA