建築2.0時代のソーシャルメディア「BAUES(バウエス)」をローンチ!みんなの声で建築業界の体質を変えていく

BAUESは、建築系ソーシャルメディア「BAUES (バウエス) | 建築をしる、とどける」をリリースしたと発表しました。BAUESは、「建築」を切り口に幅広い情報を自動的に集約・蓄積し、だれでも無料で利用できるサービスです。また、自分で興味のある記事をピックしたり、コメントできる機能も搭載されているとのこと。

新聞・雑誌・SNSなどを通じて、日々、建築にまつわるさまざまな情報が発信されています。しかし、建築に関係する企業・職業は多岐にわたり、また、業務工程も複雑であるため、それぞれの専門分野や立場を横断した情報の共有・交換をする場がありませんでした。そこで、誰もが建築を知り、自由に発言し、遠くまで届けるための機能を備えたソーシャルメディア「BAUES」をリリースしました。

今建築業界では、生産年齢人口の減少や熟練工の高齢化、東京オリンピックや災害復興事業の特需などに伴う労働環境問題に関心が集まっています。また、AIやIoTの導入によって、それぞれの仕事の仕方も転換期を迎えています。「BAUES」は、そういった一人ひとりが抱えている疑問や不安、そして、ひらめきやアイデアを取り上げ、みんなの「声」の力で建築業界の体質を変えていくことを使命としています。

 

・BAUES 公式サイト
https://www.baues.io/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA