最小積層ピッチ50ミクロンの高精度で造形できるデスクトップ型3Dプリンター「Adventurer3」発表!

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAppleTree株式会社(大阪)が次世代の家庭用3DプリンターAdventurer3アドベンチャー3(64,600円/税抜)をリリースしました。コンパクトながら大きたプリントサイズを実現しています。

Adventurer3は、FLASHFORGE社が新しくリリースした次世代のデスクトップ型家庭用3Dプリンターです。これまで発売してきた製品の中で最もコンパクトながら、大きなプリントサイズを実現していますまた、たくさんの便利な機能が搭載されており、値段もリーズナブルであるために3Dプリンターのエントリーモデルとして相応しい製品となっております。

Adventurer3は、最小積層ピッチ50ミクロンの高精度で造形できるFDM(熱溶解積層)方式のデスクトップ型3Dプリンターです。ただいま予約販売受付中です。

Adventurer3予約受付ページ
http://flashforge.co.jp/adventurer3

1.製品特徴:非常にコンパクトで場所を取らない、3Dプリンターのエントリータイプ

これまでFLASHFORGEがリリースしてきた3Dプリンターの中で最もコンパクトであったFinderよりも一回り小さく製造することに成功しました。本体サイズは小さくなりましたが、プリントサイズはFinderを上回るW150 × D150 × H150mmを実現。本体重量も9kgと非常に軽量になっています。

2.フィラメント検出機能付き

造形中にフィラメント切れが生じても、その時点で一時停止してフィラメントの継ぎ足しによる造形の再開が可能になっています。途中でフィラメントがなくなっても安心です。

3.ノズルがワンプッシュで取り外し可能

ワンプッシュでノズルが取り外せるため、もしフィラメントがノズルに詰まってしまったとしても簡単に自力でメンテナンスが可能です。

4.最新のプラットフォーム

加熱式プラットフォームだからPLA、ABS共に対応。更に取り外し可能なので造形物をより剥がしやすくなりました。プラットフォームからなかなか造形物が剥がれないイライラは完全になくなります。

5.キャリブレーションが不要

FLASHFORGEが特許取得済みのエクストルーダーの構造によって、面倒なキャリブレーション(水平出し)の必要がありません。これによって、不適切な水平出しによる印刷の失敗がなくなります。

6.カメラ機能でリアルタイム監視

インターネットに接続可能な高画素カメラが搭載されているため、離れたところにいてもスマートフォンからリアルタイムに造形中の様子をモニタリングすることができます。

総合ホームページ:http://appletree.jp.net

3Dプリンターページ:http://flashforge.co.jp

レーザー加工機ページ:http://aeonlaser.jp

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA