ゲームプランナーに必要なことは?ゲーム作りを仕事にしたい人必見!

ゲームクリエイターを目指している人は多いと思いますが、今回はゲームプランナーになるためにはどうすれば良いかをご紹介します。ゲーム業界も様々な役割が出来てきており、「ゲームプランナー」という分類だけでは間に合わなくなってきました。

ゲームプランナーは何をする人?

ゲームプランナーにはどんなイメージを持っているでしょうか。「ゲームを作る人」間違いではありません。「ゲームの企画を考える人」これも間違いではありません。
ゲームプランナーとはあらゆる事を考える人です。職場では「プランナー」「企画」と呼ばれます。

「新しくて斬新で売れるゲームの企画を考える」のは本当にごく一部の仕事です。スマートフォンアプリ全盛の現在では、プランナーの仕事は多岐にわたります。

・ゲームの企画を考える
・市場調査
・仕様書の作成
・ゲームデザイン
・スケジュール管理
・人の管理
・データ分析
・外部企業とのやりとり
・広告・PR
・イベント出展、準備設営
・運営管理

ざっと見てもこれだけの仕事があります。その割にはデザイナやプログラマよりも給料も低いし名前が売れるわけでもないし、使い捨てされやすい立ち位置です。それでもプランナーがいなければゲーム開発が出来ないと言っても過言ではありません。
一部のスーパークリエイターは1人で全部出来てしまうのですが、多くは専門職なので他の作業は苦手です。特に外部の人とやり取りするのが苦手という人もいますし、公官庁とのやり取りや他社の社長とやり取りをすることもあり、意外とそういったコミュニケーション部分が苦手という人も多いです。

コミュニケーション能力が一番大切

プランナーは他の作業者との中間に入ることもあるので、コミュニケーションが得意であれば全く問題なく仕事にできます。専門的な知識や豊富なゲーム開発経験が無くても、誰かと話をしてまとめ上げていく事ができればプランナーとしては優秀です。意外とそういう人は少ないんですよね。自分ができなければ、その作業ができるプランナーを動かせば済む話なのです。

プランナー募集は何故少ない?

プランナーの存在が大切なのは分かるのですが、あまり求人は多くありません。正社員として新卒採用する企業よりも、アルバイトやプロジェクト単位の契約社員の方が需要があります。フリーでプランナーをしている人が、いろんな企業に出向いて仕事をする、なんてことも良く見ます。
プランナーは実のところデザイナーでもプログラマでもできる仕事です。本職と兼任していることもあるのでプランナー単体での需要はあまり多くない印象です。スクリプトといってゲームで使えるように文字を入力する仕事や雑務はアルバイトでもできます。

そこでプランナーのとして生き残るためには何でもできる必要が出てきます。要は使い捨てするのはもったいないと思われるようになることです。当初アルバイトとして入った人が、能力を買われてどんどん新しい仕事を振られ、必殺技の名前を考えたりムービーの絵コンテを作ったりPR用のイベント企画を考えたり、重宝されるプランナーはオールマイティに活動できる人です。突出した才能で100万本売り上げるゲームデザインを作れる人は、意外とこうした細かいことにも秀でています。好き嫌いせず何でもできることがプランナーの価値を高めていくのです。

ゲームから非ゲームへ、興味の幅を広げよう

ゲームプランナーはゲーム以外の企画にも対応できます。それはプランナーの仕事内容に大きく起因しています。
市場調査やゲームデザイン、PR活動などは非ゲームでも同じことで、対象がゲーム機なのか否かという差でしかありません。むしろ、ゲーム的な考え方はユーザービリティを向上させるので、非ゲームでも大きく活躍します。ゲーム的な考え方を用いれば解決する問題というのも非ゲームには多いです。

例えば自動販売機にゲーム的な考え方を入れてみましょう。
・自動販売機の前を人が通ると省エネモードから復帰する
・お金を入れる場所を光で教える
・お金を入れると音が鳴る
・ボタンを押すと、押したボタン以外が消える
・出てきた缶ジュースの取り出し口が自動的に開く
・缶ジュースを取り出すと自動的に取り出し口が閉まる
・スマホアプリと連携してポイントが貯まる
・近くの自動販売機の場所がGPSで分かる
etc

ゲーム開発者であれば当たり前のように思いつくことも、意外と考えつかなかったり、必死にアイデアをひねり出して得た答えだったりするものです。ゲームが作れればその他の事は何でもできる、それくらい高度な事をしています。

ゲームプランナーを目指す人はゲームだけでなく、それに関連するあらゆることを出来るように勉強すると良いでしょう。特に近年ではデータ分析という項目も増えてきており、得られたビックデータの見かたについても学ぶ必要があります。

 

取材協力:シナスタジアデザイン
http://syn-game.com/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA