GMOインターネット:世界初、最先端7nmプロセスを用いた半導体チップを搭載したマイニングマシン「GMOマイナー B2」を販売開始

GMOインターネットグループは、自社開発した高性能な仮想通貨マイニングコンピューター(マイニングマシン)「GMOマイナー B2」を2018年6月6日(水)より販売すると発表しました。最先端の量産型7nm(※)プロセス技術の半導体チップ(以下、7nmマイニングチップ/チップ名:GMO 72b)を搭載したマイニングマシンの販売は、世界初となります。

これに伴い、2018年6月6日(水)に東京・渋谷で「GMOマイナー B2」の性能や価格等の詳細をご説明する、購入をご検討のお客様向けの説明会を開催するとのこと。

仮想通貨のマイニングを行うためには、高度かつ膨大な計算処理ができる高性能なマイニングマシンの調達が求められます。そこでGMOインターネットグループでは、高性能なマイニングマシンを自社開発するべく、2017年9月から最先端の7nmマイニングチップの研究開発を進めておりました。そしてこの度、量産型の7nmマイニングチップを搭載した高性能なマイニングマシン「GMOマイナー B2」の自社開発を実現し、その量産のめどが立ったことから、一部自社マイニングへ投入するほか、マイニングを行いたいお客様向けにも販売することといたしました。「GMOマイナー B2」は、10月末をめどに順次出荷する予定です。

■開催日程:2018年6月6日(水)10:30~12:00 (受付開始10:00~)

■開催場所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルB2Fボールルーム

■対象 :「GMOマイナー B2」の購入をご検討のお客様

■参加申込方法:
以下の「GMOマイナー B2」特設サイトより必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
URL:https://gmominer.z.com/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA