シナリオライターにお仕事を頼むといくらかかる?現場の声を聞いてみた

シナリオライターの需要は昨今どんどん高まってきており、スマートフォンアプリではストーリーやキャラシナリオが重要視されてきました。これまでもストーリーの需要は高かったのですが、大手ゲームメーカー以外でもシナリオの品質をより求める傾向が強くなってきています。しかし、シナリオライターの相場についてはあまり知られていません。そこで、これまでの仕事で関わってきた現場の状況をまとめてみました。

過去にこのサイトでもシナリオライターの値段について記事化しましたが、現在もアクセス数が伸びています。それほどシナリオの値段についての情報が少ないという表れかもしれません。取材協力していただいたシナスタジアデザインさんはシナリオライターとしても実際に執筆しており、さらに発注者としても数多くのシナリオライターさんへお仕事を依頼してます。そこで、シナリオ作成で必要な費用についてまとめてみました。

■費用1 シナリオ作成のための準備

シナリオを書くために必要な情報にはこのようなものがあります。これらの資料を事前にまとめておけばシナリオライターさんの作業は大幅に減るため、費用の削減にも繋がります。世界観設定やキャラクター設定についてはゲームプランナーが作成することもありますし、シナリオライターの仕事と決まっているものでもありません。ただし、世界観の作成には知識が必要で、その世界の文化は何か、西暦何年頃のイメージか、国はどういう場所に位置しているのか、といった整合性を合わせていく作業にもっとも時間がかかります。

【世界観を作るために必要な情報】
1、どんな世界か(人間がいるのか、いないのか、魔法の世界やスチームパンクなど)
2、主人公は何者なのか
3、文明レベルはどのくらいか
4、その世界の文化はどんなものか

簡単に例をあげましたが、これだけを考えてもかなりの情報量になってきます。もちろん、依頼される方にはある程度映像としてイメージがあるものなのですが、設定の中には実際にシナリオ上の文章として出てこないものもたくさんあります。しかし、細かい設定がなければ主人公やその世界の人を喋らせることは困難です。良かれと思って書いたテキストが、後のストーリーに大きく矛盾してしまいシナリオが破綻してしまう可能性も出てくるからです。

■費用2 キャラクター設定

次にキャラクター設定です。キャラクター設定といっても、企画段階で決める程度の情報があればシナリオライターさんが味付けをしてくれます。無理に重厚なストーリーを持ったキャラクターが存在してしまうと、シナリオライターさんがその設定に振り回されて書きにくくなることもしばしば。キャラクターは世界観に一番深く影響してしまうので、事前に作成するのであれば世界観とズレが無いようにしていきましょう。
深く作らなくても、おおよその外観さえ決まっていればそこから膨らませることができるので問題ありません。

・キャラクターの名前
・喋り方、方言
・体格、身長、肌の色
・得意分野、趣味
・武器、武術など

ざっくりとしたイメージだけでも作っておけば時間と費用の節約になりますが、この段階から本格的にシナリオライターさんの作業が始まってきます。キャラクター設定もガッチリと作り込んでいる場合は別で、あとはシナリオを書くだけになってくるのですが、前段知識が無い状態でライティングを始めるので、何度か打ち合わせを行いイメージの共有をするのがおすすめです。

 

NEXT:費用3 シナリオプロット〜本執筆

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA