受信マニア必携アイテム iOS/Androidアプリ最新版「周波数帳2018」配信開始

スマートフォン向けアプリ開発を行う、株式会社ハンズエイドは、2012年からバージョンアップを毎年続けてきたiOS用アプリのメジャーアップデート版「周波数帳2018」をiOS版/Android版を同時にリリースしました。これまでiOS版しかなかったアプリですが、Androidユーザー待望の「周波数帳」はiOS版の完全移植となります。
国内で唯一の周波数辞典「周波数帳」をベースに、2012年にスマホ向けアプリとして生まれました。以降、毎年アップデート版がリリースされてきた本アプリは、消防無線から航空、鉄道、船舶無線に至るまで、国内に割り当てられた(受信できた)無線局の周波数データ14万件を収録し、官公庁や業務無線局などの“無線のプロ”にも幅広く利用されています。
※ 2012年版~2017年版はAppStoreの辞書/辞典カテゴリにおいて常に上位にランキングされてきました。

【周波数帳2018のポイント】

2012年から多くの無線愛好家に愛され続けてきたiOS版をAndroid版に完全移植。
ARモードを搭載。現在地をもとにラジオライフ編集部が把握している大まかな位置情報に向けてコンパスのように矢印や周波数情報がカメラ上に表示されます。マップモードと切り替えながら周波数帳を楽しむことができます。
「航空ショー完全ガイド」の書籍コンテンツが2016年度版から最新の2017年度版にアップデート!44もの航空ショーを完全網羅しています。
データ提供:株式会社 三才ブックス
アプリ開発/販売:株式会社ハンズエイド
利用可能端末: iOS・Android
公式サイト:http://hands-aid.jp/app/shuhasucho-app
AppStore URL: http://bit.ly/frq2018i
Google Play URL:http://bit.ly/frq2018a
価格:有料120円(アプリ内課金で追加データ購入形式)
アプリは購入した時点で、「アマチュア無線レピーター」「ラジオ」「タクシー」の3つのジャンル約20,000件の周波数データが含まれている。残りの全国約14万件分の周波数データは、ユーザーの必要に応じてエリアごとにアプリ内で購入する形式。データは全国を6エリア(840円~1,200円)に分けて販売。全国データ一括購入はサービス価格2,800円。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA