任天堂が訴えたコロプラの特許侵害とは。ゲーム開発では特許を調査する必要がある

コロプラは、コロプラが開発・運営している「白猫プロジェクト」において特許侵害があったとして天堂から提供の差し止めと44億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こされたと発表しました。この問題は1年以上前から発生しており、任天堂の訴えに対してコロプラ側は主張を認められないと反発しています。

白猫プロジェクトにおける特許侵害の詳しい内容は明かされていませんが、ゲームの操作方法に対する特許侵害であるとの見方があります。
コロプラが開発したと大きく話題にもなった「ぷにコン」という仕組みが、任天堂の持つジョイスティックに関する特許に抵触している可能性があるとのこと。

・コロプラ「白猫プロジェクト」配信開始!http://pengingames.moo.jp/pen/archives/115

ぷにコンとは

ぷにコンとはスマートフォンの画面に指を置き、タッチした状態で任意の方向へスライドさせることでゲーム内のキャラクターを操作できる仕組みです。その際、画面上には柔らかいゴムのようなものが伸びる画面演出があるので、プレイヤーはどの方向にキャラクターを動かすかを認識しやすい構造となっています。
しかし、この操作方法自体は広く利用されているもので、今回争われているのは操作UIなのか、操作の仕組みそのものなのかがポイントになります。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
プレイヤの操作に応じて指定される所定の座標系に基づいた座標情報を出力するポインティングデバイスによって操作されるゲーム装置のコンピュータに実行されるゲームプログラムであって、
前記コンピュータに、
前記ポインティングデバイスから座標情報が出力されない状態から出力される状態になったときの座標情報に基づいて、前記座標系におけるゲーム制御を行うための基準座標を設定する基準座標設定ステップと、
前記ポインティングデバイスから出力される座標情報に基づいて、前記座標系における指示座標を設定する指示座標設定ステップと、
前記基準座標から前記指示座標への方向である入力方向および前記基準座標から前記指示座標までの距離である入力距離の少なくとも一方に基づいて、ゲーム制御を行うゲーム制御ステップとを実行させる、ゲームプログラム。

特許を調べるためには

特許を調べる際には「特許情報プラットフォーム」という公開されている特許情報を検索できるシステムがあります。

・特許情報プラットフォーム
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

ゲーム開発者の方は必ずと言っていいほどお世話になっているサイトなのですが、近年は個人開発者も多くなってきており、特許や意匠に関しての知識を持たず、知らずに権利侵害している事も少なくありません。
「売れているゲーム」を参考に「自身のオリジナルゲーム」を作ったつもりでも、ゲームシステムや操作系など、特許として認められている部分までコピーしてしまうからです。

例えば以下の様な特許があります。

「アクティヴタイムバトル」スクウェア
「ファイナルファンタジーシリーズの召喚魔法に関する特許」スクウェア
「落ちものパズルに関する特許」カシオ計算機
「ビートマニア系音ゲーの特許」コナミ

内容については一度調べて内容を診てもらうのが良いと思いますが、言葉の読み解き方が非常に難解で素人では判断できない微妙な表現もあります。全ての動作がNGなのではなく、問題なく利用できる範囲も内容を読み解くことで見えてくることもあります。

他にも、「ゲームのロード時間中にミニゲームで遊べる特許」(出願から20年を経過したことで切れたとのこと)のようなものもあったり、リズムゲームの「画面上部ライン上にマーカーが落ちてきて、タイミング良くボタンを押すリズムゲーム」のような、悪気なく当たり前のゲームシステムだと思っている部分が特許であることもあります。ゲーム開発を行う場合には特許にも注意して作っていきたいものです。

特許侵害は「知らなかった」では済まされず、多額の賠償金を請求される可能性もあるので、開発者は他社ゲームをプレイするだけでなく、特許に関する知識も持ち合わせている必要があります。
コロプラと任天堂の件に関しては1年以上前から話し合いがなされていたということもあり、どのように解決していくのか注目です。

・コロプラ 「白猫プロジェクト」公式サイト
http://colopl.co.jp/shironekoproject/

・任天堂 公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA