世界初のシステム、アニメ監督「ヤマカン」が、ICOを活用したクリエイター主体の「新アニメ制作方式」を検討開始!

アニメーション監督「ヤマカン」こと山本寛氏が主宰するアニメーション制作スタジオ「Twilight Studio(トワイライトスタジオ)」は、現在のアニメーション制作方式で主流となっている「製作委員会方式」から、ICO(Initial Coin Offering)を活用したクリエイター主体の「新アニメーション制作方式」を実現するプロジェクトを始動したと発表しました。

本プロジェクトでは3つの目標があり、1つ目は【C2C(Creator to Customer)の実現】、2つ目は【アニメーションクリエイターの雇用環境の抜本的改善】、そして3つ目は【日本のアニメーション文化の発展】
この3つの目標にチャレンジし、実現することで、日本のアニメーション文化に「革命」を起していくとのこと。また、すでに、第一弾の作品となる「薄暮(はくぼ)」の制作を開始しており、2018年冬にリリース予定となります。

①:C2C(Creator to Customer)の実現

現在、主流であるアニメーション制作方式は「製作委員会方式」となります。これは複数の「企業」がアニメーション制作に出資する形で「製作委員会」を立ち上げ、アニメーションの制作を行っていく方式です。この方式のメリットとしては、多額の資金が必要となるアニメーション制作に対して、リスク分散を実現することができる点にあります。しかし、一方でリスク分散が可能となった結果、制作するアニメーションの本数が増加、1本のアニメーション制作にかける制作コストが減少する事態が発生しております。結果として、クリエイター側が必要とする制作コストが得られず、制作するアニメーションの品質低下を招いております。

そこで、私たちはICOを活用することで、アニメーションを制作するクリエイターが主体となり、制作に必要な資金を集めることができる環境を構築すると共に、ファンの皆様にも、アニメーション制作を遂行するクリエイターを直接応援する環境を提供できると考えております。これにより、ファンとクリエイターが直接的に作品制作の部分から繋がることができる【C2C(Creator to Customer)】を実現致します。

 

②:クリエイターの労働環境の抜本的改善​

製作委員会方式の導入により、制作費用に対するリスク分散が可能となり、結果として、制作できる作品数が増加しております。制作本数増加に伴い、1作品当たりの制作コストは減少、結果としてクリエイターの制作時間が増加しているにも関わらず、低賃金となり労働環境が非常に悪化している事実があります。

そこで、私たちはICOを活用することで、クリエイターへ直接制作資金を集中させ、ハイクオリティーな作品を発表することができると考えております。その結果、クリエイターの労働環境が改善し、一般的な雇用形態を実現することができると考えております。

 

③:日本のアニメーション文化の発展

C2C(Creator to Customer)の実現並びに、アニメーションクリエイターの労働環境の抜本的改善​を実現することで、クリエイターとファンがより密度高く、アニメーションの制作から連携することになります。従って、そのような環境を実現することができれば、結果として、アニメーション自体のクオリティーは向上していくと考えることができます。そして、日本のアニメーション文化の発展を実現することができると考えております。

 

<新アニメーション制作方式>

新しアニメーションの制作方式とは、ICOを活用し、ファンの皆様も個人としてアニメーション制作を直接支援することが可能となる「個人支援制作方式」となります。この制作方式を導入することで、ファンの支援が直接的にクリエイターへ届くことになります。もちろん、クリエイターはその分、ファンの皆様からの支援に応えるべく、クオリティーの高い作品を制作を提供していくことになります。

これにより、Win-Winの関係創出をクリエイターとファンが直接的に実行し、具体化することができると考えております。

 

<本プロジェクトの主催者>

本プロジェクトの主宰者は数々の作品を手掛けたアニメーション監督「ヤマカン」こと山本寛(やまもとゆたか)氏です。

<トワイライトコイン>

トワイライトコインは日本の「アニメーション制作方式」を抜本的に変えるべく作られた、日本のアニメーション制作に特化したコインとなります。このコインにより、今まで製作委員会方式というクローズドな資金の調達方法が、ファンの皆様を含め不特定多数の個人からの支援を受けられるようになり、オープンな資金調達方式へと変化致します。そして、トワイライトコインで支援した作品がヒットすることで、クリエイター側もファン側もWin-Winの関係性を築くことができます。

<制作進行中の作品紹介>

 

薄暮(はくぼ)

現在、福島を舞台とした作品「薄暮」を制作中となります。当作品はクラウドファンディングにて2,000万円以上の募集に成功した実績をすでに持っている注目作品となります。

<今後の展開>

 

今後の展開として、2018年初頭には当該プロジェクトのホワイトペーパーを開示し、2018年春以降にトワイライトコインのSALEを実施する予定でございます。また、クリエイターの育成や労働環境の改善などの支援にも力を入れてまいります。そして、日本初のアニメーション制作専用コインとして、その価値を高める努力を重ねてまいります。

 

※本リリース内容は検討段階のものであり、ICO実施を約束するものではございません。

 

<情報公開について>

今後の最新情報公開に関しては、以下のホームページをご確認下さい。

トワイライトスタジオホームページURL:http://twilight-anime.jp/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA