クレーンキャッチャーはオンラインの時代へ、続々登場するサービスをチェック!

ゲームセンターでおなじみのクレーンキャッチャー(UFOキャッチャー)ですが、近年はインターネット上でプレイする仕組みのクレーンキャッチャーが増えてきました。スマートフォンでもPCでもどちらでもプレイでき、実際に景品も獲得できます。現在どんなサービスがあるのでしょうか。

オンラインクレーンキャッチャーとは、実際にゲームセンターや店舗に行かなくても、自宅にいながらゲームが楽しめる仕組みです。自分がプレイするクレーンキャッチャーは実物が存在しており、遠隔で実際に機械を操作してゲームセンターにいるかのように遊べるのが特徴となります。

■ネットキャッチャーグループ

サービス名は異なりますがネットキャッチャーグループとして同じアカウントでプレイ出来る仕組みがあります。

・オンラインクレーンゲーム「ネッチ」

https://netch-jpn.com/

2012年11月にβテストを開始、業界で初めてサービスインしたオンラインクレーンゲーム

 

・ネットキャッチャー凄腕

https://sugoude.netch-jpn.com/

・ネットキャッチャー鑑定団

https://kanteidan.netch-jpn.com/

※オンライン事業「ネットキャッチャー鑑定団」が 参入から1年で業界最大280台のクレーンゲームを展開
https://www.atpress.ne.jp/news/133134

 

・イカキャッチャー

http://pmi.netch-jpn.com/

・ネットキャッチャー @pina(アピナ)

https://apina.netch-jpn.com/

 

その他にもオンラインクレーンゲームも登場しています。

■クラウドキャッチャー

https://cloud-catcher.jp/

■Get Live(ゲットライブ)

https://get-live.net/

■とったり〜な

https://tottar.jp/

■モバクレ

https://www.mobacure.com/

その他にもオンラインクレーンゲームサービスはたくさんあります。

・ぷらこれ http://puracolle.jp/
・ウホウホオンライン http://uhouho.jp/
・どこでもキャッチャー http://dc7.jp/
・ぽちっとクレーン https://www.pochi-crane.com/
・ネットDEクレーン https://www.net-de.jp
・オンラインクレーンクレーンゲーム TORZO(トレゾー)https://torezo.jp/

 

大手メーカーもオンラインクレーン事業に参入

大手プライズメーカーからもオンラインクレーンが登場しました。メーカーならではの商品数の多さや、限定商品などにも注目です。

■セガキャッチャーオンライン

https://segacatcher.com/

 

■タイトーオンラインクレーン(Yahoo!ゲームプラス)

https://games.yahoo-net.jp/title/casual/137943256

 

■オンラインクレーンゲーム「とるモ」(ナムコ)

http://torumo.namco.co.jp/
正式サービスは2018年春〜

 

オンラインクレーン事業はどんどん拡大してきており、システム開発会社も増えてきています。オンラインクレーンゲームへの参入を考えている企業も、すでに蓄積された技術をOEMで利用することもできるので、今後も数多くのサービスが参入してくると予想されます。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA