1つの管理画面でGoogle、Facebook、Twitterでの広告配信状況を把握できる独自開発のレポーティングシステム「Raise」8月1日サービス提供開始

株式会社ファインズは、Google、Facebook、Twitterでの広告配信状況を1つの画面上で把握できる独自開発のレポーティングシステム「Raise(レイズ)」を8月1日(火)にリリースすると発表しました。シンプルなUIで広告配信のデータなどをわかりやすく表示。広告管理画面にありがちな“むずかしさ”“わかりにくさ”のない広告管理業務に役立つとのこと。

■Google、Facebook、Twitter複数のSNSでの広告配信状況が1つの管理画面で把握できるシステム

ファインズが8月1日(火)にリリースする「Raise」は、Google、Facebook、Twitterの複数のSNSに配信される広告の配信状況などを1つの管理画面で把握できる広告配信レポーティングシステムです。これまで、広告配信状況はGoogle、Facebook、Twitterなどプラットフォームごとに把握する必要がありました。「Raise」は、各プラットフォームと連動させることで1つの管理画面で複数SNSでの広告配信状況が把握できます。
複数のSNSへ広告を配信する企業は増加傾向にありますが、「Raise」は、こうした企業のSNS向け広告配信状況を把握する業務の手間や時間を大幅に削減する広告配信レポーティングシステムです。

・株式会社ファインズ
http://www.e-tenki.co.jp/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA