Unity 2017.1が7月11日についに登場!デザイナーにも嬉しい新機能をチェック!

Unityは、7月11日に最新版のUnity 2017.1をリリースします。新機能で目指すところは、開発者とアーティストのコラボレーションがしやすく、効率よく共同作業できることです。アーティスト、デザイナー、開発者からなるチームが素晴らしいタイトルを制作できるようサポートしてくれるのでチェックしてみてくださいね。

■Unity 2017.1の主な5つの新機能

・Timeline
Timelineは、新しいトラックベースのツールで、映画のようなシネマティックなコンテンツを制作するのに役立ちます。そしてCinemachineは、スマートなカメラシステムにより、シーンの構成やインタラクションによって複数のカメラショットを変えたりブレンドすることができます。
これらの2つの新しいツールにより、アーティストが実装方法を気にすることなく、より絵作りやシーンの構成に注力することができます。

・ポストプロセッシングスタック
ポストプロセッシングスタック(ベータ版)の改善: 新しいカメラエフェクトが追加されました!

・Unity Collaborate
新しいUnity Collaborateは、ブラウザーとの統合が改善されており、より柔軟な管理とチームで使用する際のワークフローが改善されました。

・パーティクルシステム
パーティクルシステムに多くの新機能が追加されました。

・アセットインポート機能
Mayaなどからのアセットのインポートが大幅に改善されました。

Unite Europe 2017基調講演まとめブログ記事にて新機能を紹介しています。また、Unite Europe 2017基調講演動画にて、新機能のデモや詳細な説明をご覧頂けます。

・Unity 日本公式サイト
https://unity3d.com/jp/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA