UNITY 2017発表!2017年3月にリリース予定のUnity5.6を最後にUnity5サイクルが終了

Unityは公式ブログにて、2017年3月にリリース予定のUnity5.6を最後に5系の更新サイクルを終了、新しいUnityは「Unity 2017」となることを発表しました。

Unity5.6で追加される機能は以下の通り

  • Unityエディターの機能:
    • 新しいプログレッシブライトマッパー ― ライティングのイテレーションの時間を短縮し、ベイクにかかる時間を短縮します。 (参考動画: UNITE LA 2016 キーノート)
    • 新しいビデオプレイヤー ― 4K ビデオと VR の 360 度ビデオをスムーズに再生するために、マルチプラットフォーム対応とパフォーマンスを考慮して構成を一からやり直しました。
    • macOS版UnityエディターでMetalをサポート
    • 2D ゲーム開発のワークフロー改善のための新機能
  • 追加されたサポートプラットフォーム:
    • Google Daydream,、Cardboard
    • Facebook Gameroom
  • グラフィックス:
    • Vulkan のサポート
    • Metalを使用した計算処理をサポート

また、Unity5系の永続ライセンスを所有しているユーザーはUnity5のライセンスが2017年3月までとなっていますが、「2017年3月3日以降」にリリースされたとしても、それは Unity 5 であり、永続ライセンスで利用できるとのこと。Unity 5.6 を、プロジェクトを出荷できる安定したプラットフォームとして使っていただくために、リリース後さらに 12 ヶ月間に出される修正パッチなどを受け取ることができます。

Unity5.6の後の新しいナンバリングは「Unity 2017」となり、2017年にリリースされるものは2017.x サイクルとなります。バージョンのナンバリングを変えることで、Unity 5のサイクルが終了したことを明確にして過去のメジャーバージョンのリリースモデルから決別し、現在のリリースモデル(機能が完成でき次第リリースする)に沿ったナンバリングをすることができます。

・Unity公式ブログ
UNITY 5の最後のバージョンはUNITY 5.6になり、次はUNITY 2017となります。
https://blogs.unity3d.com/jp/2016/12/13/unity-5-6-wraps-unity-5-cycle-whats-next-in-2017/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA