ソーシャルゲームの分析 ARPPUとは?

021

ソーシャルゲームのARPPUとは?
前回記事 ではARPUを見ました。
どちらも「アープ」と呼んでいるのですが、こちらは”P”が一つ多いアープです。


■課金者全体の平均値がARPPU

ARPPUとはアプリの売り上げに占める課金者と、その課金者が利用した金額の平均値のことです。
優良アプリではこれが1,000円〜3,000円ほどとなります。

・計算方法 
その日の売り上げが50万円、課金者数が100人だった場合

500,000円 / 課金者数100人 = 5,000円

ARPPUは5,000円になります。
これは明確な基準があるわけではないので、どれくらいの売り上げを求めているかによって数値の見方が変わります。

例えば日商1億円のアプリがあった場合、課金者を5,000人と仮定します。
その場合は、

100,000,000円 / 5,000人 = 20,000円

一人当たり2万円を使ってくれていることになります。
こうした計算方法を前提に、目標値を決めておきましょう。
その目標値よりも高いか低いか、それを判断基準として分析していきます。

■ARPPUとARPUの目標値
運営しているアプリによって目標値は異なります。
「この数字が正しい!」
というものはありませんので、他者アプリよりも自社アプリをしっかりと見ることが大切です。

一つの判断基準として、
・ARPPU 3,000円
・ARPU 300円

この数値を目標にすると売り上げがしっかりとついてきます。
次はDAU(その日のゲームアクセス人数)を増やすことが重要になります。

これらの数値を見ていくことで、しっかりとした売り上げを維持し、継続的な運営ができるようになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA