ソーシャルゲームの分析 ARPUとは?

a0001_011517

ソーシャルゲームのKPIにみるARPUとは?
ARPUは「アプリ利用者一人あたりの課金額」
これが30円とか100円といった数値になります。

■ARPUの計算方法

・計算方法
その日の売上 / その日のアプリ利用人数

売上が100万円あり、その日のアプリ利用者(DAU)が1万人だった場合

1,000,000円 / 10,000人 = 100円

一人あたりの課金額平均が100円になります。
基準は特にありませんが、2パターンの見方ができます。

■ARPUの判断基準

・自社アプリを基準にする
運営中のアプリからみて、その日のARPUが高いか低いかを判断します。
売上が少ない場合、このARPUが低ければ高くする試作を打ちましょう。

一人あたりの課金額を上げるためには、単価を高くするか課金者を増やします。
一番早いのは単価を上げることで、値段を高くするか2個以上買って貰う試作が効率的です。

・他社アプリを基準にする
ランキング上位のアプリを基準にして、自分のアプリがどのくらいの位置にいるのかを判定します。
売上数値を見ることは難しいですが、プレスリリースや決算報告などから計算することが可能です。

現状アプリストアの上位10タイトルは、月商5億以上とされています。
流動的なので単純な予測でしかありませんので注意です。
DAUも10万人から30万人と仮定すると、

500,000,000円 / 300,000人 = 1,666円

予測の範囲ですがこのくらいの数値になります。
優良アプリではARPU100円から300円なので、いわゆる「課金ゲー」と批判されるレベルで高額課金になる基準が300円まで。
それ以上になるとユーザーが課金疲れしてしまいます。

このARPUを引き上げる要因は、一部の高額課金者なので、ほとんどのユーザーは微課金者になります。

一人300円を使ってくれるコンテンツは、ガチャ一回分だとしても魅力がないと買ってくれません。
よほど良いゲームでなければARPU300円は達成できません。

ARPUはゲーム全体の遊ばれ方を判断する材料となるので、是非複数タイトルを比較して見てみてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA