ファンタジスタ、『同人マンガ翻訳サービス』をマンガプラネットで先行予約開始

image

株式会社ファンタジスタは、マンガの翻訳サービスを開始する発表しました。

同社は同人マンガを紹介しているFacebookページ『マンガプラネット』を運営しており、海外ユーザーから「翻訳された日本のマンガを読みたい」という要望に答え、同人誌の翻訳サービスを提供するとのことです。

また、2015年8月30日に行われるコミティア113にて翻訳サービスの先行受付を開始します。

■サービス内容
サービス内容は3つのプランから選択できます。

image

image

・英語:翻訳コース
4万円(税別) / 20ページ

英訳のみを行い、写植は作家自身で行うコース。
フォントの種類やサイズなども自分で選択でき、マンガのテイストなどをこだわりたい人におすすめのプラン。
マンガ原稿を送付し、英訳後に日本語との対比表を納品してくれます。

・英語:丸投げコース
6万円(税別) / 20ページ

英訳だけでなく、自分で写植まで行うコース。
マンガ原稿を送付し、写植が完了した英訳原稿が納品されます。
自分の作品を手軽に英語化できるコースです。

・スター作家コース  無料

英訳された作品をマンガプラネット、ならびに関連サービスで利用する許諾(無償配信に限定)することでを条件に費用が無料になるコース
将来的に当該作品を有料販売する場合は別途ご相談とのこと。
※スター作家コースは事前審査の結果により利用できない場合があります。

image

海外の日本のマンガ文化も延びてきており、特にアメリカ、フランス、イタリアはマンガ文化が根付いてきています。
特にアメリカは、北米最大のアニメ・コンベンションである「アニメ・エキスポ」があり、コスプレも盛んです。

海外へのマンガ配信は今後ますます増えてくるかもしれません。

image

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA